離婚相談や相続税がお悩みの方へ~法律の専門家に相談しよう~

男性

離婚するなら弁護士へ

スーツの男女

夫婦関係を解消するための離婚相談は、お一人で悩まずにぜひ東京の弁護士に相談しましょう。離婚自体は離婚届の提出のみで済みます。しかし、離婚はそれだけでは無く、財産分与や住宅ローンの返済、お子さんがいる場合は養育費の支払い、さらに離婚の原因がパートナーの不倫であった場合、パートナーとその不倫相手に対する慰謝料など、様々なお金がらみの事情がからんできます。これらに関する離婚相談を法律の専門家である東京の弁護士が受けることによって、より平等な財産分与や慰謝料請求を実現させてくれます。また、自分には離婚する意思があっても、相手にはその気は無いかもしれません。そのときは夫婦間で協議する必要がありますので、法律が分からずに不利な条件で離婚してしまわないためにも、ぜひ弁護士に離婚相談にきてください。それでもお互いに妥協できないときは、離婚調停をする必要があります。調停の際は弁護士が間に入って、法律的なアドバイスをしながら、夫婦間の着地点を探すことになります。もし、パートナーの男女間のトラブルが原因の場合は、不倫の証拠なども必要になります。なので、離婚相談の際にあらかじめ弁護士と証拠固めの相談をすることが重要になります。この離婚調停でも双方が納得しない場合は、離婚裁判に発展することになります。この場合は、不倫等の証拠の提出だけでは無く、裁判官による本人への尋問なども加わります。ここまで来ると、素人ではパートナーとの裁判に勝つことができないので、早急に弁護士に入ってもらうことが大切です。

遺産の相続でもめたら

木槌

遺産相続でもめると時間がとられて、精神的にも疲弊してしまうので、弁護士に相談するのが良いでしょう。法律的な観点からのアドレスや交渉事などのサポートが受けられるので、円滑に遺産相続を進めることができます。

Read More...

法律関係の書類作り

スーツの女性

法律関係の書類作成は形式が決まっており、専門用語も多いので素人には難しいと言えます。例えば、交通事故に関係する書類作成や遺言書など法律関係の書類の書き方で迷ったら、東京の行政書士に手伝ってもらいましょう。

Read More...

相続税の申告の際には

電卓を持つ男性

相続税申告が必要になった場合は税理士に依頼しましょう。相続税は税理士の手腕によって金額が上下するので、忙しすぎず、情報量が多く、顧客に親身になって相談を受けるような税理士を探すことが大切です。

Read More...